目を閉じる

女性はシミを気にします。シミは歳をとるにつれて出てきますが、シミができると化粧をする気にもなりませんし、老けて見られてしまいます。
シミができないように気をつけていても薄っすらとできていることがあります。
肝斑というシミがあります。日本人は肝斑ができやすく、20代後半~40代以上で肌の色が浅黒いひとに多く見られます。ですが、肝臓の病気とは関係ありません。

肝斑の特徴は額、両頬、上顎、鼻の下にできやすく、左右対称に表れます。
更年期でしたり、ピルを飲んでいる最中にできることがあり、妊娠や出産の時期に治らないということもあります。
妊娠をすると妊娠2~3ヶ月に現れやすく、どんどん色が黒くなってきます。
他にもさまざまな理由でできますが、シミの中でも最も治療が難しいと言われています。
肝斑の治療は今までは触らないで治療をするということが基本的でした。普通のシミ取りに使われるレーザーは使ってはいけません。
肝斑と診断されたら、ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンEなどの飲み薬を処方される方も多かったです。
現在はレーザー治療なども主流になっています。美容皮膚科で治療をすることができます。
美容皮膚科が女性の医師が多いので、気がるに通うことができます。同じ女性だからこそ理解をしてくれるので相談もしやすいです。
また、美容皮膚科だと豊富な知識と経験があるので肝斑で困っている方をしっかりとサポートすることができます。

肝斑はシミとはまた少し違います。
「シミかな?」と思ったら肝斑ということがあります。シミか肝斑か判断をすることができないことがあるので、不安になったり気になることがあると美容皮膚科へ行き医師に診てもらうと解決します。
もし肝斑で治療をすると、色素を改善したり肌の色全体が明るくなることもあります。
肝斑を治療すれば化粧をすることが楽しくなりますし、肌の色も綺麗になります。
もし、肝斑が治ったからといって油断をしてはいけません。肝斑はストレスでできたり女性ホルモンが乱れるとできやすくなります。
ストレスを溜め込まないようにしたり、生活リズムを正すなどして管理をしなければなりません。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031